--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/04/30

フイリススキ

フイリススキ20090426


フイリススキ
Miscanthus sinensis 'Variegatus'
イネ科ススキ属
耐寒性多年草

昨年に購入したものだったと思う。
放置していたら、今春ずいぶん弱々しく伸びてきたので
ポットから外してみたら、ナメクジが住んでいた。
急いで取り除き 玄関脇の寄せ植えコーナーに植え込んでみた。
ここは以前ヘリクリサムがあったところ。
ヘリクリサムが芝の根に攻め込まれて枯れてしまったので
春先に枯れた株を取り除いて空きスペースになっていた。
芝が侵食しないよう根止めを入れてみたが、あまり深く掘れていない。
もしも越境して来たらもう少し深く掘ってピンコロを埋めよう。。
関連記事
スポンサーサイト
グラス、シダ類 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/29

バイカウツギ

バイカウツギ20090419

バイカウツギ
Philadelphus satsumi
ユキノシタ科バイカウツギ属
落葉低木
2m

毎年少しづつ大きくなってはいる。
しかし、My庭では非常に成長は遅い。
検索してみると花がたくさん咲くとか、枝がよく伸びて暴れるとか。。
全然そんなことにならないけど。
やはり肥えた土を好むようなので、あまり合わないのかも。

剪定方法は花後に伸びすぎた枝を切る。
11月-3月の間に古い枝は付け根から切り新しい枝をのばす。
花芽は前年生枝の葉腋から伸びた新梢に付く。
株が大きくなった場合は全体の2分の1から3分の1に切り戻し枝の更新を図る。

もう少しすると花が咲くのだけど、昨年花付きがいまいち良くなかった。
古い枝の方には花が咲かなかったことを思い出した。
剪定方法が良く分かっていなかったからかもしれない。

1カ所だけ枝が伸びるからそこを根元まで切りつめてしまっていたような。
今年は少し意識して切ろうと思う。。


関連記事
樹木・花木 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/28

ヒメウツギの寄せ植え

姫ウツギ20090412一株

ヒメウツギ
Deutzia gracilis
ユキノシタ科 ウツギ属
落葉低木
切り戻しをするなら花後に。
枝が垂れて匍匐して横に伸びる。

ヒメウツギを芝生の中に植えている。
通常1mくらいになる場合もあるようだけど、全然大きくならない。
腐植質に富んだ土を好むようなので土が合わないのかもしれない。
サバ土の中に植え込んであるし、芝の根が回ってしまっていたし。
もう少し増えていってくれるといいんだけど。。
今年 豊橋のガーデンガー〇ンでヒメウツギ4株の寄せ植え鉢を見かけて
とてもよい風情だったので、追加で3株購入し近くに植えてみた。

ヒメウツギ20090423_4株

少しボリュームが出たかな。
回り込んでいた芝の根も取り除いた。
家にあった株と後から植えた株の葉の色がかなり違う。
購入した株の葉の方が青々としている。

斑入りヒメウツギ20090421

こちらは他の場所の斑入りのヒメウツギ

関連記事
樹木・花木 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/27

メラレウカレッドジェム

メラレウカレッドジェム20090421蕾

メラレウカのツボミが目立ってきた。
これも植込み当初は、寄せ植え用のポット苗だったのだけど。
現在1.5m。。大きくなるなぁ。
しかし、足元がスカスカなのを何とかしたいところ。。


20080601のメラレウカの花の様子は こちら
関連記事
樹木・花木 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/26

オダマキ ホワイトバロー

オダマキホワイトバロー20090422

オダマキ ホワイトバローもすでに開花

Aquilegia 'White Barlow'
キンポウゲ科オダマキ属
花期 4月下旬~5月
耐寒性多年草
草丈 60~90cm


白のオダマキは、植え込み前に咲いてしまっていた。
今 バローシリーズのブルーの株を探しているのだけど、なかなかめぐり会えない。

オダマキホワイトバロー20090422

今年のブラックバローの様子は こちら
関連記事
宿根草・多年草 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/25

ハルシオンの蕾

ハルシオンの蕾20090423

ハルシオンの蕾が上がってきた。
一番成長の早い株なので、蕾も早かった。
昨年の開花を見てみると6/11だった。1ヶ月も早い(゜o゜)


20080527
 の蕾の様子

20080529 の様子

20080611 の開花の様子

関連記事
ホスタ(ギボウシ) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/24

クレマチス 開花

クレマチス20090421

クレマチス20090421

クレマチス
2日ほど前に開花

昨年、ホムセンで開花後の株を購入。
名前も花色も全くわからない状態だったが、今年新芽が出始めたら
他のクレマチスに比べて成長が早かった。
昨日、朝 2輪開花していた。
薄い藤色で 花弁の中心から外側に向かってスジが入っている。
大輪だ。20センチ程あるかな。
朝早いからなのか咲き始めだからなのか、花弁がシャキッとしていない。
名前を探してみたがパンテス系に似た花はいくつかあるが、はっきりとはわからなかった。

風が強く吹く場所なので、翌日には花が痛んでしまっていた。
翌日は4輪開いていたが、痛みがひどくて撮影はなし。

関連記事
クレマチス | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/24

チョウジソウ(丁子草)のツボミ

丁子草の蕾20090421

チョウジソウが蕾を付けていた。
いつ咲くのかな。。

20090404 の チョウジソウ
関連記事
宿根草・多年草 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/24

アッツ桜とタツナミソウの新芽

アッツ桜20090418新芽

アッツ桜の新芽が出ていた。
絶えてしまったか。。と思っていたのだけど、大丈夫だった。

アッツ桜を来年もう少したくさん見たいと思い、新株を購入し隣に植えこんでみた。
環境が合えば 自力でもう少し増えていくんだろうけど、あまり増えてはくれない。
来年 どのように咲いてくれるかな。

アッツ桜を植込み20090419

20080520のアッツ桜の様子は こちら

タツナミソウも色々な場所から、新芽が出てきていた。
かなり離れた場所からも芽を出している。
しかし、かなり まばらな印象。

タツナミソウ20090419


関連記事
宿根草・多年草 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/23

銅葉ネムノキ サマーチョコレートの新芽

サマーチョコレートの新芽20090415

銅葉ネムノキ サマーチョコレートの新芽が出てきた。
昨年かなり枝を伸ばしたので、3月に切り戻してみた。
切り方は、、、ちょっとどうなの?!という形になってしまったけど。。
少し調べてみたら 萌芽力が弱く強い剪定は避けた方がいい模様。。
大丈夫だったのか? と少し心配したけど、、一応新芽を出してくれた。

20080630 のサマーチョコレート
20080614 のサマーチョコレート

関連記事
樹木・花木 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/22

オダマキ ブラックバロー 開花

オダマキブラックバロー20090421

オダマキさん
咲いていた。

先日植え込んだばかりの株だ。
ほかのオダマキは、植えこむ前に開花してしまっていた。

ブラックバロー。。濃い紫という感じかな。
関連記事
宿根草・多年草 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/22

今年も。。銅葉コデマリの緑の葉

銅葉コデマリ090416緑の葉

昨年、環境が苛酷で緑の葉を出してしまったと思っていた
銅葉コデマリの緑の葉は今年も出ていた。
特別なことではなかった?!

毎年出てきそうだなー。。多分。。
でも不思議。。

2008年 緑の葉を出していた 銅葉コデマリ
関連記事
樹木・花木 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/21

ムラサキシキブとセイヨウニンジンボクの新芽

セイヨウニンジンボクの新芽20090418

セイヨウニンジンボクの新芽。
3月の初めころか?
今年は切ってみよう!と
セイヨウニンジンボクとムラサキシキブを根元から切り戻した。
切った当初は枯れてしまったかと思っていたが、
同じくムラサキシキブからも新芽が出ていた。

ムラサキシキブ20090419新芽

隣はモミジのこぼれダネから出た新芽。左手手前は、タツナミソウ
関連記事
樹木・花木 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/20

ヘリクリサム・ペティオラレ ライム

ヘリクリサム・ペティオラレ ライム20090415

ヘリクリサム・ペティオラレ ライム
Helichrysum petiolare

キク科ヘリクリサム属
半耐寒性常緑亜低木 低木?木なの?!

2年ほど前グランドカバーにと、メラレウカの下に植えてみた。
渇き気味の場所を好む模様。
冬は寒さで葉が枯れてかなり汚くなる。
一度も切り戻しをしたことがなく、葉が枯れて
毎年その先から新芽が伸び無残な姿だった。
新芽はきれいなのに 枯れ枝の先に新芽が伸びるから美しくない。。と
悩みながら切っていた。
先日も上記の姿で発見したが、今年は根元から切り戻してみた。
新芽が出ていた。
そうか。。枯れてたら 即 刈り込みでいけばいいんだ。。
キク科は丈夫なイメージだ。
手前のぶっとく見える幹はメラレウカ ティーツリー。
関連記事
宿根草・多年草 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/19

ホスタ リトルオーレア

ホスタリトルオーレア20090415

ホスタ リトルアーレア
葉が展開して光り輝いている。
雨の後で少し下葉が汚れてるけど。。
存在感はピカイチ。

ホスタリトルオーレア20090419


ホスタリトルオーレア20090318

こちらは 20090318 芽吹きの頃。
関連記事
ホスタ(ギボウシ) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/18

金メギ ニシキシダを植え込み

金メギオーレア_銅葉コデマリ_シモツケゴールドフレーム20090414

右から

金メギ’オーレア’
Berberis thunbergii
'Aurea'
メギ科 落葉低木
樹高2m程度まで
耐寒性 強い
耐暑性 強い
日照 日向
原産地 日本

と、アメリカシモツケとシモツケゴールドフォーム。
金メギは、2年くらい買ってきた鉢のまま置かれていたが、
今回 意を決して植込み。
鉢を持ち上げてみると、下から50センチ程 根が伸びていた。
びっくりだった。これだけ伸ばしていたから、
降水だけでも生き長らえていたのか。と感心。
植込み場所の選定をずっと(長い!)迷っていたのだが、
この一角ならグレーのブロック塀の背景を明るくしてくれるかな。。と思って。
以前はロータスブリムストーンがあったのだけど、
2年くらいで枯れてしまった。ので、少しスペースができた。

銅葉とオーレアはとても好きなアイテムで見かけるとつい買ってしまう。
メギには、枝に棘があり、不用意に手を入れると刺されます。

20090415植込み

引き続き、ニシキシダと斑入り葉のディスチャンプシアノーザンラインを植えてみた。
ニシキシダは肥沃な場所を好むようなので腐葉土を多めに入れて植え込んだ。
どのように育っていくだろうか。
関連記事
庭の様子、手入れなど | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/18

ジュビリー70の新芽

ジュビリー70の新芽

ジュビリー70の新芽

2週間ほど前、周囲に蔓延っているポリゴナムを整理しようとして、
ジュビリーの旧枝から伸びた枝を折ってしまった。20cmくらいに伸びていたのに。
今年はこのまま終わったら悔やむなぁと思っていたが、、伸びてきた。
折れてしまったことで開花も少し遅れそう。

昨年は、いつごろ芽が出たんだろう。。?
と思い過去記事を検索してみたけど、開花しかなかった。

2008年5月の花の様子は こちら
2007年の花の様子は こちら
関連記事
クレマチス | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/17

今年のコニファー ウィルトニー

コニファーウィルトニー20090413

今年のコニファー ウィルトニー


去年に比べると、、成長したことがわかる。
根が伸びて成長力が増したような。。
常緑で色もほとんど変わらないのでよいです。
昨年に比べて、画面の左側が伸びたかな。
右側も分枝している。
今年はどんな風に伸びるのか?!
2008年のコニファー ウィルトニー の様子
関連記事
樹木・花木 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/17

食べられたクレマチスの蕾

クレマチス20090416開花

クレマチス マルチブルー
これで咲いている。
My庭の環境の厳しさを何度か書いているが、ここもかなり厳しい。
土があまりよくないような気がする。。
植えて3年目のクレマチスだけど、、同じ並びでも、、

クレマチス20090405名前不明

名前不明さん

クレマチス20090405名前不明

こちらも名前不明さん

などは、旧枝からも地面からも新枝を伸ばしているというのに。。
ここのは、旧枝にいきなり蕾が出ていた。。
毎年、あまり手入れはしていないから。。(^^ゞ
古い枝を いつも春になって 新枝が出始めてから切っているような。。
もっと手を掛ければたくさん枝を伸ばすかもしれないけど。
ごめんよ。と いつも心でお詫びをする。。

クレマチス20090412

20090412の様子

で、、
なんでこんな姿かと言うと、2週間ほど前に、
旧枝にいきなり蕾がで始めたところで、一晩で虫に食べられてしまった。
伸び始めたところ 先端をサクッと食べられてしまったので、
花弁に成長する部分がなくなり しべだけになってしまったよう。
青っぽい花びらの色が少しだけ残っているけど、
これ以上大きくならない模様。。
もう少し枝を伸ばして、他の花も咲かせてくれないかな。
もうすこししたら、花は取って、肥料を遣ってみようか。

>>続きを読む
関連記事
クレマチス | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/16

アオダモ 開花

アオダモ20090412全景

アオダモ20090416遠景

アオダモ
Fraxinus lanuginosa
モクセイ科トネリコ属
落葉高木
雌雄異株

マルバアオダモ
別名:ホソバアオダモ
Fraxinus sieboldiana
ではないかと思う。

通勤途中のお宅の裏庭にあり、姿に惹かれて、
ガーデン工事の時に名前を調べ入れてもらった物。

アオダモ20090412花

アオダモ20090416花

アオダモ20090416花

葉が出てきたと思っていたら、なんだか白っぽく、、よく見ると花を咲かせていた。
花は円錐花序に白い5-6mmの小花を多数つけるのだが
この白い花が樹全体について、とてもきれいだ。
実際はもっと綺麗に見えると思うけど、写真の腕がイマイチ。。だな。。
これも、高木なので成長が早かったら度々切る覚悟で入れてもらったが、
それほど伸びてこない。うちの環境のせいかも。
植込み当初より 多少高さが出たかな。。
昨年は虫が付いてしまって、葉が汚れてしまったが、
今年は今は大丈夫な模様。
花壇の縁取りのイボタに同じような虫が付いている雰囲気なので、
今後また汚れてしまうかも。
気をつけて見ていこう。。

関連記事
樹木・花木 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/15

オダマキ

オダマキ20090412ブラックバロー

オダマキ ブラックバロー

オダマキ20090412カナディアンリトルランタンズ 

変わり咲きオダマキ
カナディアンシスリトルランタンズ

オダマキ 苧環
キンポウゲ科オダマキ属
耐寒性多年草
花期 春
草丈 約20~30cm
日当たり 日なた~半日陰 

植えてみた。
オダマキさんは、大好きな花だ。
見ると いろんな種類を ついつい買ってしまう。
こぼれ種で翌年いろんな場所で芽を出すのでおトクな感じだ。
一年草だと思っていたけど、多年草だった。
冬には地上部が枯れて翌年芽を出すはずだけど、
昨年の株は消えてしまったようだ。
やはり。。母に雑草と間違われて抜かれてしまったのかも。。。
あと2つ、チョコレートソルジャーと白をどこに植えようか。。
関連記事
宿根草・多年草 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/13

丁子桜 開花

丁子桜20090412

丁子桜も咲いていた。
あまり花のない時期に咲くので My庭では貴重な存在。
しかし成長が遅い。
樹高は昨年と比べてほとんど変わらないんじゃないだろうか。。
1~1.5mくらいになるらしいのに。。
環境が合わないのかな。。
緑の新芽もいい色だと思う。。

管理法などをもう少し調べて、肥料遣りとか切り戻しとか したほうがいいんだろうか。。

昨年の丁子桜は こちら
関連記事
樹木・花木 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/11

シマトネリコ の マルガリータ

シマトネリコ刈り込み前

シマトネリコ
Fraxinus griffithii
モクセイ科 トネリコ属
和名 シマトネリコ
別名 タイワンシオジ
性状 半落葉高木

半常緑ともいわれている。丈夫なので気軽に切ってOKとも聞いている。。
最近は植え込み当初よりかなり伸び 樹形も乱れてきたので 切らなくてはと思うが、
できれば、プロに手入れをお願いしたいと思っていた。
最悪自分で切ることを想定して、お隣さん(植木屋さん)に 極意を伝授してもらおうと聞いてもみた。
『自分でこうしたいと思う形に切ればいいんだよ。理想の大きさより
少し小さめに切っておくのがコツ。まず切ってみなきゃ、覚えていかないよ。』と
アドバイスを貰う。。ひゃー全然わかりません。
とにかく切ってみなってことですね?みたいな?(T_T)
最近の姿のあまりの乱れように。。これ以上の放置は無理!と
急に思い立ち 枝を1-2本切り始めたら、結局また止まらないことに。。。

シマトネリコ刈り込み後


最後は 『マルガリ(丸刈り)ータ』 になってしまった。
形も。。。葉が伸びてみないとどんなになったのか想像つかない。
どーしても、不格好だったら今度はプロにお願いしよう。。(T_T)

シマトネリコ200708月


2007年08月のシマトネリコ
やはり以前に比べると随分乱れていた。。ことがわかった。

関連記事
樹木・花木 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/10

ニシキシダドラゴンテール

ニシキシダドラゴンテール

昨年購入。
植込み場所の選定に悩むうちに、水遣りを忘れて地上部が枯れてしまった。
復活は無理か?!と思いながら放置していたのだけど、最近 新芽が出てきた。
枯れてなかったー。
鉢植えで 水も天然でOK。となれば、どこに植えても大丈夫か。。
できるだけ早く植えてみよう。

昨年の ニシキシダは こちら
関連記事
グラス、シダ類 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/10

ハーデンベルギア

ハーデンベルギア20060405開花


ハーデンベルギア
Hardenbergia violacea
和名 コマチフジ
マメ科ハーデンベルギア属
半耐寒性 常緑蔓性低木
耐寒気温 0℃以上 
原産地 オーストラリア東部
高さ 2-3m
花期 3月-5月

茎ははじめは低木状に伸びるが、その後蔓状に伸びる。
開花後、8月くらいまでに伸びすぎた枝を刈る。
夏の直射日光、多湿を嫌う。
花色は紫のほかに、白や桃色、淡いラベンダーなどがある。

ハーデンベルギアを地植えしている。
当初、葉の雰囲気に惹かれて購入したと思う。
場所はオリーブの奥だけど、そのオリーブの枝がかなり混んできて
前面からはほぼ見えなくなっていた。 ので 植えたことも忘れ気味だったけど、、
先日2階の窓から見下ろすと紫色になっている部分があり、
花壇の裏側に回って見ると、花が咲いていた。
そういえば。。 夏の直射日光を嫌うらしいので、
オリーブの奥はどうだろうと植えてみたのを思い出した。
蔓性ということで、フェンスに絡めばいいかな。。みたいな?
あまり絡んでくれてないけど。
植えたのは去年だったか、、その前だったか。。
よく思い出せないが、場所は大丈夫だったみたい。
いっぱい伸びてたから。


ハーデンベルギア20090405

今年は花が終わったら、切り戻してみようと思う。。

関連記事
樹木・花木 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/09

ローズマリーを刈り込み

ローズマリー20090405

シマトネリコの前の
ローズマリーも刈っておいた。
ガーデンライトに被さっちゃって、全然明るくないので。

ローズマリー20090405手入れ後

刈り込み後。

以前の様子は こちら
関連記事
ハーブ、セージ | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/08

銅葉コデマリ

銅葉コデマリ シマトネリコの奥東向き

新しい葉が出てきた。
My庭に2本ある銅葉コデマリさん。

もう1本は

銅葉コデマリ 南面向き

南向きの場所に植えている。
しかしブロック塀に近すぎてあまり直射日光が当たらないかも。
これは曇りのときの撮影なのでさらに暗くみえる。
年明け早々に お隣の畑 の大きく育っていた植木がなくなったので、
今年はもう少し日照条件が良くなりそう。

2本とも今年はどんなふうに伸びるだろうか。。

去年 緑の葉を出していた銅葉コデマリ

関連記事
樹木・花木 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/08

ワイヤープランツの恐怖

ワイヤープランツ20090405

ワイヤープランツ

学名:Muehlenbeckia axillaris
別名:ミューレンベッキア
タデ科ミューレンベッキア属
原産地:ニュージーランド
分類:匍匐性常緑低木、半耐寒性

ワイヤープランツって 観葉植物だと思ってた。
半耐寒性となっているがマジ耐寒性は強いと思う。
細い枝をたくさん伸ばしカワイイので 女性に人気の観葉植物とか紹介されている。
自分もそんな気持ちで最初は購入。
My庭のワイヤープランツは3カ所に地植えしているけど
いずれも、暴れまくっている。ので 年に1-2回 根だけ残して一掃する。
かなり茂ってきても あまり主張をしないというか、
グランドカバー的に見えているので ついつい見過ごしがちに。。
かなりモッサリしてきた感で始めるときはそれなりに覚悟しながらやるが、
今回 ちょっと刈っておこうかぐらいの軽い気持ちで 取り掛かったけど、、、

わりと すごいことになっていた。

ワイヤープランツ20090405

 ↓↓ の画像の手前の茎の切り口はプリンタのケーブルの太さくらいもあるし。

ワイヤープランツの茎の太さ


石の上から垂れ下がっていき 下についた枝から根を伸ばしていて、、
引き抜いたら、、、、

ワイヤープランツ20090405 根

『キャー!!』 エイリアンのように見えた。。

ワイヤープランツの根20090405

地上はほんの1-2本なんだけど 抜いてみたら地下茎は10倍くらいになっていた。
この場所は雑草対策で下に防草シートを入れてある。
その上に砂利が引いてあり 土に入り込んでないから楽に引き抜くことができるけど、
そうでなかったら絶対に引き抜けない。放置していたらどうなっていたんだろう。
ワイヤープランツが観葉植物として扱われるのは環境によるものだったのね。
逆に強い植物か。。極端には水栽培のような環境でも生きていけるってことだよね。
最初に刈った時はちょっと心配しながらだったけど 気遣う必要はいらない模様。。
むしろ戦うような気持ちになってきた。

刈り取り後の現地。

ワイヤープランツ一掃

スッキリした。
大丈夫、また伸びるから。
関連記事
宿根草・多年草 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/07

ユーパトリウム チョコラータ 新芽

ユーパトリウムチョコレラータ 新芽

ユーパトリウム チョコラータの新芽が出ていた。
これも過酷な環境のMy庭で毎年芽を出してくれる。

 学名 Eupatorium rugosum       
        'Chocolate'

 キク科ユーパトリウム属 
 園芸品種 
 開花期 9~11月 
 H100cm×W100cm 
 耐寒性:強 耐暑性:強
 耐寒性宿根草

そうか、キク科なのね、キク科は強健な印象です。
だから全く放ったらかしでも、育ってくれるんだ。
奥にあるキク科のミヤコワスレも毎年元気だし。
ユーパトリウムの和名はフジバカマ。
植えた初年は茎が1本、2年目は2本、今年は6本芽が出ていた。
しかし、毎年1本1本の茎は細くなっていくような。。
今年もちょっと弱々しい姿です。
そういえば 花の咲いたところを一度も撮ってないかも。。
今年こそ!!

昨年のチョコラータは こちら



関連記事
銅葉系 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/06

チョウジソウ 萌芽

丁子草 20090404

丁子草

学名 Amsoniaelliptica
リンドウ目キョウチクトウ科
多年生草本植物 耐寒性多年草
花期 5~6月
草丈 約60cm
日照 やや半日陰 
性質:湿り気のある半日陰で腐植質の多いところを好むが、
    性質は強く、日なたでも育つ。


以前調べたときは、湿った場所を好む印象だったので、
もう一度調べ直してみたけど、やはりそうだった。
枯れ枝を切り取ろうと思い見てみると。。
丁子草のある場所は、只今カリカリに乾いている。


丁子草 萌芽

が、芽が出ていた。強いー。ことにびっくり。
花は青で 小さい花なので、もっとわんさか増えてくれたら見ごたえがありそう。
しかし、なかなか難しいかな。
この場所は掘ってみると粘土や大きい石とがゴロゴロ出てきて、
排水性は悪く 雨が降ったらすぐドロドロで 弱々しい植物は生き残れない。
上の画像の中の手前に写っているサツキ?かツツジは、
子供の進学祝いに市から苗木をもらったものだけど
植えて10年は経っているけどこれ以上に大きくならない。
できれば、土の大改造をしたいけど、とりあえず、今は無理ね。
だからこそ、越冬してくれたことに感動。
関連記事
宿根草・多年草 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。